私の思い
皮膚の役割
角質の大切さ
いたんだ皮膚は
正しいスキンケアとは
クレンジング
洗顔
メイク
自宅での美肌対策
紫外線対策
保湿対策
抗酸化剤の補給
クレンジング(落とす)
洗顔(洗う)
化粧水(潤す)
美容液(補給)
保湿液(守る)
日焼け止め(守る)
おすすめセット
ブログ

化粧や汚れ、脂分を落とすために洗顔をしますが、何気なく洗顔をしていませんか?
クレンジングでマッサージをしながらのんびりやっていませんか?

この頃のクレンジング(特にオイルタイプ)や洗顔フォームは
洗浄力に優れていますので、2・3分も洗顔を行っていると、
汚れだけではなく、大事な皮脂や表層角質成分を一緒に落としていることがあります。

角質の厚さはわずか0,02ミリほど…簡単に剥がれてしまいます。

角質とは、皮膚の一番外側を覆っているもの。
表皮の基底細胞が分裂を繰り返し、表層に移動した最終形
基底層で細胞が作られ、外側から剥がれ、一定の厚さを維持しています。
表皮が作り変わることを表皮のターンオーバーとよく言われています。
角質は天然の保湿成分を含み、皮脂と共に肌を刺激
(ウイルス、アレルゲン、紫外線など)から守るバリヤ機能を
有しています。

角質層が剥がれてしまうと、中から水分が出て行き乾燥肌になり、
更には紫外線が皮膚内に届きやすくなります。

そのうち、紫外線の刺激で
正常に色素細胞の機能が働かなくなり、メラニンの生産が増え、
シミの原因に
更に奥深くの張りをだす弾性線維が変性し
しわの原因になります。

角質が剥がれ落ち、皮膚の表面を覆っている薄い皮脂も一緒に取れてしまうと、
脳から油分が少ないと指令が出され、脂腺の働きが活発になり、
もともと脂腺の多いTゾーンの皮脂量が特に増え、
かえってべたつくという現象が起きるのです。

毛穴の入り口は角質が詰まりやすい構造なので、
更にニキビの原因になることも…
(ストレスや睡眠不足など他の要因も重なると要注意!)

皮脂は汚いものだと思ってませんか?

いたんだ皮膚はへ